小糸製作所。

TV📺❇️&ラジオ📻
TV📺❇️&ラジオ📻音楽🎵&映画🎬


テレビ・ラジオランキング


芸能・音楽ニュースランキング

BS4の野球中継などで聞く機会の多い、この曲はジョー.リノイエが歌う『それだけしか言えない』

新しい曲なのかと思いきや、リリースは1996年…全く色褪せません。

ジョー.リノイエは1960年12月13日生まれの今年61歳。

音楽大学でボーカルとピアノを専攻後にプロに転身。

近藤真彦や鈴木雅之に曲提供をした事でも有名ですが、何と言っても個人的には…

『Synchronized Love』ってタイトルって、つい最近知りました。

武富士のCMソングで主に深夜にオンエアされていましたね。

会社が無くなったので見る事はないのですが、今見てもキレキレで魅力的なダンスですね。

ちなみにリノイエと言うのはイノウエをもじったりしたのかと思いきや、本名なんですね。

リノイエは漢字で『李家』と書きます。

現在は『カレイドスコープ』と言う声優のマネジメント等を行う会社の代表取締役として活躍しているそうです。

こちらも、CMで起用された町田義人の『赤い狩人』。

もともとは1978年公開の映画『キタキツネ物語』の主題歌だそうです。

町田義人は1946年9月21日生まれの今年75歳。

成城大学在学中の1968年に『ズー.ニー.ヴー』に加入。

翌1969年リリースの『白いサンゴ礁』のヒットで有名です。

あと、安保闘争以降の挫折を描いた『ひとりの悲しみ』。

これは元々は、やなせたかしが作詞し筒美京平が作曲したエアコンのCMソングが御蔵入りになり「このまま埋もれさせるのは勿体無い」との事から、阿久悠が詞を書き直してリリースした作品である。

しかしセールス的には芳しくなく再び埋もれかけたが、歌詞を再度書き直してリリースした『また逢う日まで』を尾崎紀世彦が歌い、レコード大賞に輝く大ヒットとなった。

日の目を見る事なく埋もれて行く曲の多い中、なんとか世に出すように尽力する執念には感心させられる。

ソロに転身してからの代表曲と言うと、

映画『野性の証明』主題歌の『戦士の休息』があります。

あと、変わっているのは『オレたちひょうきん族』の『タケちゃんマンロボ』のテーマソング『愛より強く』。

曲があるのは知ってましたが、こんな大真面目に1曲出来ていたのと途中の大平透さんのナレーションには驚きました。

手が込んでいたんですね。

タイトルとURLをコピーしました