中野ぅたみ

スターダム。
スターダム。プロレス

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ
にほんブログ村


女子プロレスランキング

スターダムに不満があるならば、笑いの要素に欠ける所である。

彼女達はプロレスラーであって、芸人ではない。

戦いの場に笑いの要素は要らない

…と言ったら、それまでだし、実際合ってるのだが…

しかし、1試合1試合単位で観るならともかく、第1からメインまで通しで息詰まる試合ばかりだと、観てる側からすれば肩が凝って疲れてしまう。

緩急や抑揚が時には欲しい。

強いて言えば、その役を担っているのが、フキゲンです☆なのかも知れないが、フリーランスで限定出場の彼女だけでなく、やはり所属選手にも笑いの要素を何人かは担当して欲しい。

敏江.玲児の『どつき漫才』は子供の時に笑ったなぁ。

余談だが、フキゲンの茶髪に曲げを見ると、かつての正司敏江師匠を思い出した。

月山和香パイの連敗だって、光の当て方によっては十分に笑いになるはずだったのだが、流石に今は笑いづらくなっている。

そんな中で3月29日にスターダム春の恒例の『シンデレラ.トーナメント2022』の記者会見が行われた。

かつては1日開催だったはずだったが流石に参加メンバーが増えてきて、4月3日立川→17日後楽園→29日大田区での3日開催となった。

注目カードの1つが、『林下詩美vs中野たむ』

赤ベルトと白ベルトの前王者対決なので好試合は必至だが、何せ両者に10分1本勝負での決着は酷だろうと思う。

ただ時間切れ引き分けは両者失格になってしまうので、否が応にも白黒付けないといけない。

両者の会見が催されたのだが林下詩美の代理で現れたのが『中野ぅたみ』。

仮に詩美が「先にシャワー浴びて来いよ」って言ったならば…

クールでロイヤルで格好良いイメージの詩美とは真逆の…

言われた中野ぅたみは「えーっ、シャワーって、これから何するんですかぁ…詩美さんのHぃ😍」って返しそう。

ブリブリ全開の中野ぅたみに、モチーフにされた格好の中野たむがタジタジにされていた。

この会見はインパクト十分で、他の会見を持って行ってしまったとの評価が多かった。

中野ぅたみは会見だけでなく返す刀で全員の撮影の際にはジュリアにもワールド全開。

真面目な表情のゴリに対しても、ぅたみワールドを見せて欲しかった。

中野ぅたみの『ひょっとこ』みたいな表情に対して、笑いを必死に堪えたジュリアはTwitterにて…

赤ベルトから陥落した詩美だが、身軽になった事で逆に新たな1面を前面に出した感がある。

中野ぅたみは、これからも現れるだろうが、果たして次は何処で出るのか?

ぅたみの試合は有るのか?

これを考えさせただけでも、詩美及びスターダムの勝利なんでしょうね。

「BIGLOBE WiMAX 2+」
タイトルとURLをコピーしました